積極的にうつ病を改善して清々しく社会復帰を目指そう

うつ病を治すための方針

脳に良い栄養を与える

サンプルalt8

うつ病を治療できるようにしていくためには、まず、脳に良い栄養を与えることが大事です。うつ病になってしまう原因の多くはストレスだといわれており、そのストレスを解消できるような方法を見つけなければなりませんが、そのまえに見つけられるようにしていくために脳を持っていなければなりません。脳を働かせて良いストレス解消法を見つけられるように、脳に良いものを摂取していくことが良いのです。まず、ブドウ糖という糖類があるのですが、それを摂取することで脳にエネルギーを与えてくれます。そのまま口にするのも良いですが紅茶やホットミルク、ホットココアに入れて飲むのも良い方法です。そのほか、オメガ3脂肪酸が含まれるクルミや亜麻仁油、えごま油など摂取することで脳に良い効果を与えてくれます。

もっと専門家を増やしていくこと

うつ病は現代病といわれておりまして、治療は徐々に進化していっていますが、そのぶん発祥してしまう人も増えているのが現状です。治療ができるようになるために、もちろん独自で脳に良い栄養を入れていくことはとても大事となりますが、治療を行なうことができる専門家を増やしていくことも必要です。うつ病はひどくなりますと自分だけの力ではなかなか治すことができない精神的な病気で、今は薬に頼って治していくことで対応しているところが多いのですが、これからは薬だけでなく、認知行動療法など薬なしで治療ができる方法を行なうことができる専門家を増やす方向へ進むことが必要です。そのため、最近では心理学を受講する大学では薬なしの治療ができるカウンセリングの授業も行なうところが出てくるようになってます。

このエントリーをはてなブックマークに追加