積極的にうつ病を改善して清々しく社会復帰を目指そう

うつ病の治療は病院へ

どこの科に行けばいいのか

二人の医師

うつ病は自力で治療することはほぼできません。病院へ行くのが基本です。ただ、どこの科に行けばいいか分からないと言う人が多いです。厳密に言えば精神科になりますが、病院によっては精神神経科や神経科となっています。もちろん、そこに行っても構いません。心療内科も不安障害や軽症のうつ病を診察してくれます。また、神経内科でもいいのではないかと思うかもしれませんが、神経内科は心の不調を治療してくれるところではありません。 うつ病の治療のために精神科へ行くのをためらう人もいます。しかし、最近の精神科は閉鎖的な感じはありません。むしろ、明るくて開放的なところが多くなっています。抵抗を感じることは少ないと言えるでしょう。

大きな病院か小さな病院か

うつ病の治療で病院に行く場合、大きい病院の方がいいと考える人は多いです。確かに大きな病院は、他の科も併設されているので抵抗なく行けるでしょう。メリットは色々あります。しかし、大きな病院はたくさんの人が受診に来るので、待ち時間が長く診察時間が短いです。曜日によって医師が変わることもありますし、初診時に特定療養費がかかることもあります。 一方で、診療所やクリニックと呼ばれるところは、待ち時間も少ないですし、じっくり診察もしてもらえます。主治医が曜日で変わるなんてこともありません。これは大きなメリットです。安心感もあります。何も調べず、大きな病院がいいと考えないで、病院は少し工夫をして探してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加